大都市近郊において 京野菜等を生産する農家(屋号:柳ヤ(yanagiya))に新規就農し、  農場から食卓までの現場において得られた体験を基に、これからの都市農業における農業生産等のあり方について時々考える。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
130116野菜が高いとのこと
本日(1/16)のNHKラジオ番組「私も一言!夕方ニュース」にて、「いつまで続く 野菜の高値」と題し、一言を募集していたので、番組ツイッターにつぶやいたところ、番組内で採り上げられた。以下、全文。

「@nhk_hitokoto 京都市でほうれん草や九条ネギなどを作っている農家です。価格が高くても寒さで出荷量が少なくなるため、手取りは減っています。また、今後、暖かくなって出荷量が増えると、高値の反動で一気に安くなり、農家にとって、何も良いことはありません。」

価格変動は市場出荷の宿命だが、それにしても振れ幅が大きい。
今年は直売にもう少し力を入れていきたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。