大都市近郊において 京野菜等を生産する農家(屋号:柳ヤ(yanagiya))に新規就農し、  農場から食卓までの現場において得られた体験を基に、これからの都市農業における農業生産等のあり方について時々考える。
01/30のツイートまとめ
Yanagiya78

明日は昼から雨との予報。午前中だけで、どこまで九条ネギの定植ができるか、限界にチャレンジ。というわけで、明日に備えて寝ます。
01-30 22:33

つかの間の休息、終了。ほろ酔い気分で琵琶湖畔を歩き、リフレッシュする。
01-30 18:07

デスクワーク、強制終了。これより家族サービスの時間。ドイツビールで乾杯を予定。→http://www.biwa.ne.jp/~wurzburg/
01-30 10:55

領収書を整理中。面倒くさい。
01-30 09:51

太陽が昇ってきたので、コーヒー・ブレイク。
01-30 07:17

寒いです。新聞をとりに行くのも一苦労(苦笑)。RT@aterui3:お早うございます。京都は寒いでしょうか?
01-30 05:50

おはようございます。京都市南区、お月さまが輝いています。まずはデスクワークから。
01-30 05:40

スポンサーサイト
01/29のツイートまとめ
Yanagiya78

 眠いので寝ます。おやすみなさい。
01-29 22:08

市場に出荷完了。今週の積み残しは、九条ネギの定植。次の雨は来週月曜の予報なので、それまでに片付けたい希望。
01-29 19:14

花菜のパック詰め作業終了。明日への準備、九条ネギの苗取りを始める。
01-29 16:08

エンドウのネット張り完了。九条ネギの定植は、圃場がしるいため、延期。急遽、花菜の収穫を行う。
01-29 12:09

おはようございます。京都市南区、間もなく陽が昇ってきます。本日はエンドウのネット張りと、九条ネギの定植を。
01-29 06:55

01/28のツイートまとめ
Yanagiya78

さあ、寝ます。次の雨までに、九条ネギの定植を終わらせねば。
01-28 23:01

ブラタモリ、神田、懐かしい。本屋によく通った。帰りは神保町の「スヰートポーヅ」。餃子ライス中皿がお決まり。
01-28 22:48

エンドウのネット張り、進捗率70%。残りは明朝。
01-28 19:22

お米の注文が入り、急遽、精米。お届け済み。雨があがったので、午後からは、エンドウマメのネット張り。
01-28 13:23

おはようございます。京都市南区、早朝よりまとまった雨。本日は屋内にて、コマツナの出荷調製作業。
01-28 07:07

01/27のツイートまとめ
Yanagiya78

明日は雨との予報なので、夜のうちにコマツナを収穫完了。今日もよく働いた。寝ます。
01-27 23:59

花菜の収穫にせよ、九条ネギの定植にせよ、屈む姿勢は腰にくる。機械化希望(ただし、収支の見合う範囲内で。)。
01-27 12:49

陽の当たり具合いでコマツナの生育がまったく異なる。夏と違い、揃えるのが難しい。
01-27 08:13

おはようございます。京都市南区は、雲ひとつない東の空。花菜を収穫するのは、冷たそう。
01-27 06:41

01/26のツイートまとめ
Yanagiya78

明日も九条ネギの定植を予定。できれば合間をぬって花菜も収穫したい。それでは、お休みなさい。
01-26 23:10

昼食は、ホウレンソウと春キャベツのお好み焼き。満腹満腹。
01-26 12:50

今日は九条ネギの定植。土が凍っていそうなので、融けるまで圃場の巡回点検。
01-26 08:30

おはようございます。京都市南区、東の空は雲に覆われています。
01-26 06:42

01/25のツイートまとめ
Yanagiya78

水曜が臨時休業日のため、明日は市場出荷なし。ゆっくり寝よう。
01-25 22:34

夕食は花菜入りシチューとホウレンソウのおひたし。かなり自家率が高い。
01-25 19:31

雨上がり、急に冷えてきた。足先から来る。
01-25 15:47

ホウレンソウを収穫し終えた圃場YM、耕耘完了。
01-25 12:43

とりあえずホウレンソウはおいといて、これから花菜の収穫。どんより曇ってきた。急ぐべし。
01-25 08:25

おはようございます。ホウレンソウの出荷・調製を始めます。
01-25 06:00

01/24のツイートまとめ
Yanagiya78

したがって、もう寝ます。お休みなさい。
01-24 22:40

そのためには、早朝より作業を始める必要。
01-24 22:39

そのためにはホウレンソウの出荷・調製作業を早く終える必要。
01-24 22:39

明日の京都府南部は「晴れ 後 くもり 昼過ぎ 一時 雨」との予報。雨が降る前に、ホウレンソウを収穫し終えた圃場YMを耕耘したい。
01-24 22:38

赤ワインを片手に相方と今日を振り返る。今日もよく働いた。
01-24 21:38

今日は暖かいので、屋外の作業が捗る。
01-24 12:32

おはようございます。間もなく日の出、今日も冷えています。
01-24 06:46

相方と話し込んで遅くなってしまった。寝ます。
01-24 00:38

100124世間話
■今日、私(以下、「U」という。)が圃場で九条ネギの定植準備をしていると、近所のおじさん(以下、「M」という。)が話しかけてきた。やり取りは、以下のとおり。

M「そやけどあれやな、農業は時給換算したら、パートタイム以下やな。」
U「ほんまですわ。」
M「そやけど、農業は人に使われへんのがええな。俺なんかが言わんでも、自分ならよう知ってる思うけど。」
U「ほんまですわ。」
M「俺なんかあれやで、仕事してて機嫌悪うなってきたら、『もう帰んど!』て言うたるねん。」
U「ほんまですか。」
M「親方の方が気ぃ使うてるぐらいや。」
U「ほんまですか。」
M「そやけどあれやで、そこまでできるんは、それなりに腕があるからやで。」

■おじさんの腕が「ほんまもん」かどうかは、知らない。

01/23のツイートまとめ
Yanagiya78

注文していたエダマメの種子が届く。早出しで6月上中旬の出荷を狙う。昨年は莢付きがいまいちだったので、今年こそはと。
01-23 22:34

本日の外仕事、終了。これより机仕事。
01-23 18:48

いやー、吹きっさらしの屋外は本当に寒い。
01-23 14:35

朝のリラックスタイム、終了。これより、九条ネギの定植に向けた準備のため、圃場YDへ。
01-23 09:41

おはようございます。朝焼けの空。新聞を読んで書類を整理して、と休日らしいスタート。
01-23 06:53

100123コメ作り考
■今朝の朝日新聞2面『「所得補償」農家を翻弄 コメ優遇大豆離れ』を読んだ。要すれば、これまで転作で大豆や雑穀を作ってきた農家にとって、今般の戸別所得補償制度の実施により、助成金が減るのではないかと。それならばコメを作ろうという動きがあるとのこと。
■思うに、コメ農家(土地利用型農業)と野菜農家(労働集約農業)とでは、発想が異なるのではないか。独断と偏見をもって言えば、前者はお上からの助成があって当たり前、あわよくば買い上げろとでも言いだす勢いを感じる。
■他方、後者は、価格安定に関する諸政策があるにせよ、基本的には価格は市場(マーケット)で決まるものと考え、自らリスクをとって作目を選択し、生産・出荷する(少なくとも私は)。
■これは一重に歴史的背景によるものであり、どちらがいいとか悪いという話ではない。コメは通貨であった時代もあったし、現在でも主食である。
■ただし、いつまでもコメが特別な作物であり続けるとは限らない。現に今の若い人の食生活を見ていると、その思いを強くする。
■「顧客のニーズに応える」のがビジネスの王道であるならば、消費者の求める農産物を供給するのが(専業)農家の役割。「所得補償」の有無に関わらず、今年も野菜の作付面積を増やそうと思う。
01/22のツイートまとめ
Yanagiya78

ジャガイモの種芋が届く。九条ネギの苗床となっているエリアに植えようと思案中。ということは、早くネギを定植しなければならない。明日は「休日出勤」か・・・
01-22 23:17

午前の仕事終了。午後も引き続き、おもいっきりホウレンソウ。夕方にはお米をお届け1件。
01-22 12:46

コーヒーと昨夜のカレーの残り。一晩寝かした方が美味しい。気合いを入れて、ホウレンソウの調製を続行。
01-22 08:17

おはようございます。ホウレンソウをやっつけます。
01-22 05:31

01/21のツイートまとめ
Yanagiya78

明日は早朝よりホウレンソウの出荷・調製作業。それでは、お休みなさい。
01-21 22:49

花菜入りのチキンカレーを食べて小休止。一息ついた後、ホウレンソウの収穫を続行。
01-21 19:00

ホウレンソウの収穫を始めたんですけど、寒くて寒くて。
01-21 15:32

雨中、花菜収穫。急に風向きが変わり、それまでの生温かい空気が一掃、冷たい風が吹きつける。
01-21 12:34

おはようございます。雨はやみました。外が明るくなるまで、PCに向かって一仕事。
01-21 06:11

01/20のツイートまとめ
Yanagiya78

予報どおり雨。明朝はデスクワークを予定。おやすみなさい。
01-20 23:40

我が方、これより消防団活動。本日は無火災推進日。火の元にご用心を。
01-20 19:36

21、22、25日と(衆)予算委、明日は2次補正の基本的質疑。宮仕え時代のエキサイティングな日々(苦笑)がよみがえる。待機の皆様、お疲れさまです。
01-20 19:34

九条ネギ定植予定の圃場YD、施肥&耕耘完了。明日のひと雨で落ち着かせ、来週にも定植を始めたい。
01-20 19:23

「大寒とは思えない暖かさ」というフレーズを何回も聞く暖かさ。花菜の調製作業を終え、午後からネギ定植に向けた作業開始。
01-20 12:40

@tecchansan 食べたことがないのでわかりませんが、さもしい気持ちになりそうで。
01-20 07:15

おはようございます。今日も暖かくなりそう。できれば、午後からネギ定植の準備を。
01-20 07:04

100120春キャベツ
■このところのぽかぽか陽気のおかげで、春キャベツもだいぶ大きくなってきた。
■この分だと2月の下旬には収穫できそう。

SH3E0018.jpg
01/19のツイートまとめ
Yanagiya78

10円の豆腐は、買ってはいけないと思うんですけど。
01-19 22:36

圃場YMのホウレンソウ、収穫・出荷のタイミングを考え中。
01-19 19:24

おかげさまで、直売で花菜の売れ行きがよい。やっぱり、鮮度が一番。
01-19 18:34

東京では開花したそうですが、当方ではまだつぼみです。 http://twitvideo.jp/005zy
01-19 12:42

今日はポカポカ陽気なんだけど、それでも素手で花菜を触っていると、かじかんでくる。
01-19 11:14

おはようございます。今朝はそれほど冷え込まず。木曜が雨の予報なので、今日明日が勝負。
01-19 06:56

100119花が咲く
■このところのポカポカ陽気で花菜が一気に生長、収穫・調製が追い付かず、開花してしまう個体有り。こうなると商品価値はゼロ。
■見た目には季節を先取りする感があって趣があるも、商売はあがったり。写真を撮った後、速やかに切除する。
■花が咲いたものについても、漬物に加工するなり何か有効活用する手立てはないものかと、しばし手を休める。

SH3E0017.jpg
01/18のツイートまとめ
Yanagiya78

急速に眠くなってきたので、寝ます。
01-18 22:56

夕食は「花菜のグラタン」。口の中に一足早く春が訪れる。
01-18 21:05

さあ、花菜の出荷調製を始めよう。
01-18 12:52

花菜が霜で凍っていたので、エンドウマメの支柱立てを先に始める。氷が融けてから収穫。
01-18 12:40

それって「偽カツマー」ではなくて、まさしく「カツマー」ではないですか?
01-18 08:18

おはようございます。本日はこれから花菜の収穫。相変わらず寒い。
01-18 06:50

100118花菜
■今朝、圃場NMを見て回ると霜で真っ白。花菜を収穫しようと思ったが、これでは不可。陽が昇って暖かくなってから収穫し始める。
■つぼみをひたすらカットして持ち帰り、外葉をハサミで落としていく。大きさを揃えてパック詰め。まさに手間の塊。
■この出荷作業を終え次第、エンドウマメ(圃場KM)の支柱立てをやっつけたい。また、木曜が雨の予報、それまでに圃場IMのホウレンソウを引き上げたい。願いだけは相変わらずたくさん。

SH3E0016.jpg


01/17のツイートまとめ
Yanagiya78

明日はホウレンソウの出荷を一時休戦にして、花菜に集中する予定。それでは、おやすみなさい。
01-17 23:21

冷えた体を温めるべく、あんかけチャーハンとチゲ風ラーメンを昼食に。
01-17 12:24

冷えたホウレンソウを触っていると、手先が痺れてくる。鮮度保持にはいいんだけど。
01-17 08:25

おはようございます。今日もホウレンソウの出荷。相変わらず寒い朝。
01-17 05:42

01/16のツイートまとめ
Yanagiya78

保育園児とトランプの神経衰弱をしてぼろ負け。しかも子供たちは「寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ・・・」と唱えながら。年寄りは寝るのみ。
01-16 23:22

土曜の昼間は基本的にお休み、ランチに繰り出す。本日はインドカレー。美味しかった。→http://www.ashoka-jp.com/
01-16 19:39

今朝のホウレンソウの市況、中値123円。いいねぇ。
01-16 10:55

多分だめだと思います。近況は、謝る一文から書き始めているところ・・・。
01-16 08:19

まだ寒中見舞いを書き終えていない。出かける前に書き上げなければ。
01-16 07:57

100115春に向けて
■ネットで注文した春播き用の種子、第一弾が届く。多くは直売用。
■昨年好評だったトウモロコシ、オクラ、カボチャ、インゲンマメは倍増。他方、キュウリ、トマトの育苗はアウトソースすることとした。
■ダイコンやニンジンは今すぐにでも播きたいところだが、そこまで手が回らない。
■冬野菜の収穫作業をこなしつつ、春に向けた準備を少しずつ始めたい。

SH3E0015.jpg
01/15のツイートまとめ
Yanagiya78

市場出荷より帰還、今週のお仕事はこれにて終了。あとはデスクワークを残すのみ。
01-15 19:34

ネットで注文していた種が届く。春に向けた準備、始まる。
01-15 12:36

早朝から立ちっぱなし。足元から冷えてくる。
01-15 10:50

おはようございます。今日で今週の出荷作業はラスト。それにしても冷える。
01-15 05:35

01/14のツイートまとめ
Yanagiya78

羊羹と緑茶で一息。作業日誌を書いて、寝ます。
01-14 22:52

ホウレンソウの市況がよい。高値に勝る良薬なし。午後も張り切って。
01-14 12:41

お早うございます。本日もホウレンソウとハナナの出荷。ただし、出荷量を増やす気概。
01-14 05:18

100114安いがすべてか
■今朝、某大手スーパーの新聞折込みチラシを見ていると、「国内産ほうれん草 1束50円(税込) 先着100名様 お1人様2束限り」とあった。
■このホウレンソウがどのような流通経路をたどったものにせよ、また卸ないしはスーパーが価格補填しているにせよ、そのような価格を設定すること自体、農家を馬鹿にしている。農業はボランティアではない。
■更にチラシの隅には『○○では、当社基準に基づいて「鮮度・衛生管理」に十分配慮しています。』とある。小売価格1束50円で一体どんな「鮮度・衛生管理」ができるのか。よもや農家に求めるものはあるまい。消費者も、もう少し頭を使って欲しい。皆さんが求める「安全・安心な農産物」は、1束50円では決してできない。
■逆説的に言えば「買わない賢さ」が、デフレ経済脱却の糸口となるのかもしれない。
01/13のツイートまとめ
Yanagiya78

初めてチャレンジしたナバナ、出荷までこぎつける。播くのが遅くなり、一時はどうなるかと思ったが、感無量。
01-13 19:29

凍ったホウレンソウを束ねるには努力が必要。
01-13 12:39

ナバナ収穫。無茶苦茶寒い。
01-13 11:05

ホウレンソウ、凍ってますよ。これが本当の冷凍ホウレンソウ。小学生の頃、給食のメニューにあったが、まずかったなぁ。
01-13 08:32

お早うございます。今朝はかなり寒い。いつもどおりホウレンソウの収穫と、できればハナナ(菜の花)にもとりかかりたい。
01-13 06:07

100113ナバナ初出荷
■「日本の優れた生産装置である水田を余すことなく活用すること」を実践すべく、水田裏作としてナバナ(菜の花)を導入。本日、初出荷にこぎつける。
■何せ初めての経験、予備知識はまるでなし。関連図書を調べたり産地を視察したりと見よう見まねで栽培してきた。
■一つひとつ蕾を摘み取り、長さを揃えてパックに詰めていく。特に後段の作業は、相方の独壇場。葉物の結束作業は得意だが、ここまで細かい仕事を長い時間続ける自信がない。
■まだ圃場を一巡できていないため、明日はもっと効率的に作業を進めていきたい。

SH3E0013.jpg
01/12のツイートまとめ
Yanagiya78

そろそろ確定申告の準備をしなければ・・・
01-12 19:52

市場出荷後、一気に畑KKにホウレンソウを播種。今日もよく働いた。
01-12 19:03

さて、気合いを入れて出荷作業をこなしましょう。
01-12 14:09

雨が降ってきました。ぎりぎり整地作業完了。
01-12 10:55

お早うございます。昼前から雨との予報なので、その前に2仕事。
01-12 04:34

100112ホウレンソウ料理
■今朝収穫して出荷したホウレンソウの残りを自家消費に。今日は、ホウレンソウと焼き油揚げのめんつゆ和え。
■出荷に向かない小さな株を使うため、すごくやわらかい。採れたてなので、みずみずしい。
■ある種、賄料理みたいなものだが、個人的にはこれが一番飽きない。

SH3E0012.jpg
01/11のツイートまとめ
Yanagiya78

畑KKの耕耘完了。明日も本日同様、ホウレンソウの出荷&播種準備。ただし、雨or雪の降り方に留意。
01-11 23:06

昼食終わり、ホウレンソウを洗って予冷庫に入れたら、畑にGo。
01-11 12:49

朝食後、続いてホウレンソウの出荷調製作業。
01-11 09:11

おはようございます。これからホウレンソウを収穫してきます。
01-11 04:38

100111ホウレンソウ収穫
■ナスの跡に播種したホウレンソウを収穫開始。
■ナスの畝をそのままに石灰窒素を入れた後、管理機で耕耘、播種。不織布をべた掛けして終わり。あとはほったらかし。
■殺虫・殺菌剤はおろか除草剤も散布していないので、草だらけ。やはり生育は劣る。
■しかしながら、これだけ省力化すれば、単位時間当たりの所得は高いはず。ただし、市場で高く売れることが前提。

SH3E0010.jpg