大都市近郊において 京野菜等を生産する農家(屋号:柳ヤ(yanagiya))に新規就農し、  農場から食卓までの現場において得られた体験を基に、これからの都市農業における農業生産等のあり方について時々考える。
071031ブルーベリー
■収穫が続くホウレンソウ、第2回播種分までは本日の出荷をもって終了。第3回分はまだ小さいので、もう少し置くこととし、宵引きせず。
■調製作業と市場持込みまでの間、ブルーベリーを植える準備をする。
■場所はユズ園の片隅、石だらけのガラガラなので、ちょっとした土壌改良から始める。
■ツルハシとスコップを使って穴を掘り、稲ワラを敷き、腐葉土を入れる。明日は雨との予報なので、ひと雨さらしてなじませた後、植え込み予定。
■同じく片隅に植わっているイチジクをジャムにしてもらったところ、なかなかの好評だった。ブルーベリーも何か加工できればと目論む。得意の皮算用。

CA340474.jpg

スポンサーサイト
071030ホウレンソウ
■本日も朝からホウレンソウの調製、昼から宵引き、夕方から箱詰めをして出荷。
■明日出荷分をもって第2回播種分まで終了。本来であればもっと収穫できたはずだが、①播種時の高温寡雨のため、第1回播種分の出芽が著しく低調であったこと、②その後も高温が続き、べと病が多発したことから、これまでとなった次第。
■本日付けの日本農業新聞にも、奈良の産地の事例として、昨年は冬でもべと病が多発したとあった。
■地球温暖化が正しければ、高温は大きなトレンド、品種の選定にも考慮しなければならない。

CA340470.jpg

071029ホウレンソウ
■昨日宵引きしたホウレンソウを調製し、市場に出荷。あわせて明日出荷予定分を宵引き。
■市場に行くのが楽しいのは、小学生だった頃も今も同じ。
■ひょっとしたら、帰路、バナナやタコ焼きなどを買ってもらった経験が刷り込まれているかもしれない。
■ホウレンソウの次はキャベツの定植、九条ネギの収穫へと続く。
071028ホウレンソウ
■雨も上がり、いよいよホットエリアのホウレンソウを収穫開始。明日、調製作業の後、出荷予定。
■今朝の農業新聞1面は、「秋冬野菜が好調 猛暑、輸入減で品薄」の見出しが。
■昨年は全般にかなり安かったと聞く。高い時もあれば安い時もある。それでも夢があってよろしい。
■高値目指して、張り切ってまいりましょう。

CA340469.jpg


071027コメ
■今日は降ったり止んだりの一日。雨の中畑に入って病原菌を広めるような真似はしたくないので、作業はお休み。
■例によって、スーパーの青果コーナーめぐりなどをした後、積み上げられた本を読んだり、ネットをチェックしたりして過ごす。
■米の緊急対策が固まったとのこと(http://www.nougyou-shimbun.ne.jp//modules/bulletin/article.php?storyid=873)。   
■それにしても来年も豊作だったらどうするのかって? どのみち選挙後だし、新しい風が吹くってところでしょうか。
071026雨の日は
■明け方から降っていた雨が止んだため、例によって農業資材の買い出しに出掛ける。ホウレンソウの収穫後に予定しているキャベツの定植に向け、鶏糞や化成肥料などを買い込む。
■広い店内をうろついていると、同業者と思しき人が目につく。こんな天気だと行動は皆同じ。
■果樹苗コーナーにブルーベリーを発見。ちょうどこれからが定植期なので、3本ほど衝動買い。ユズ園の片隅にでも植えようと思う。
■家に帰って鶏糞を下ろし終わると同時、強い雨が降ってくる。何とかと秋の空は変わりやすい。いずれにしても、変わらぬ間の迅速な行動が肝心。

CA340467.jpg

071025柚子
■昨日、ホウレンソウを持ち込んだ際、市場を徘徊していると、ユズが出荷されていた。
■9月に出荷しようと意気込んでいたも、結局できずじまいであったため、早速、収穫。
■特にユズについては知見がないので、学生時代の教科書を引っ張りだしてきたり、市場の様子を横目で見たりしながら、勉強の日々。

CA340466.jpg

071025ホウレンソウ
■ホウレンソウを市場に出荷。23日のデータによると中値ベースで1束163円。
■1箱30束入りで12箱出したので・・・とやってそのとおりなった試しがない。
■ま、夢があっていいじゃないですか。米と違って。
■結果が出るには1週間後。電話で聞けば明日にもわかるが、おこがましいので、果報は寝て待て。

CA340463.jpg
071023ホウレンソウ
■ホウレンソウは、ホットエリアに借りている畑で育てているが、ネギを植えた畑の一角に余裕があったので、同じタイミングで播いてみた。
■今年は高温寡雨のため発芽が芳しくなく、生育も思うように任せない状態に変わりはないが、こちらの方が早く大きくなったので、試しに出荷してみることにした。
■宵引きといって、日が短くなるなかで作業時間を確保するため、出荷の前日夕方に収穫しておく。秋以降は気温が低くなるためなせる技、夏のコマツナでは考えられない。

CA340462.jpg

071022米売れる
■稲刈り後半戦分の米をお米屋さんに持ち込む。前半戦とは別のお店。これにて名実ともに今シーズンの米関係は終了。
■今年は新潟コシが値を下げているため、相場全体が安値基調とのこと。それでも卸先である外食店からの値下げ圧力が強まっており、経営は厳しいとのお話。
■米には深くかかわっていないので、消費者が食べないものが高く売れるわけないなどと無責任に思っているが、専業の農家は本当に大変。
■マチの真ん中の弱小農家は、野菜づくりに励むこととします。
071021秋休み
■天気も良く比較的仕事も落ち着いているので、思い切って丸一日休みとする。
■夏にはどこにも行けなかったので、遅ればせながらの秋休み、家族サービスの日。
■おいしい魚が食べたいということで、日本海、福井県は敦賀へ。寿司や練り製品を堪能した後、魚市場で買い物を楽しむ。
■往復はJR湖西線を利用、車窓からは琵琶湖畔に水田が広がる。既に刈り取りが終わっているなか、セイタカワダチソウが繁茂した区画が目立つ。何年か前に見た風景とは変わりつつあると感じるのは、気のせいかもしれない。
071020キャベツの苗
■雨上がりの快晴、早速、キャベツ苗の防除を行う。
■ホットエリアの畑は川の土手の近くにあることもあり、害虫が多そう。苗半作、出だしで躓いては元も子もない。
■ホウレンソウの方は一雨ごとに大きくなる。それでも平年に比べれば遅れているとのこと。
■机上ではそろそろ収穫できるはずだったが、もう少しかかりそう。

CA340459.jpg

071019雨読
■朝より約1週間ぶりの雨、乾燥した畑には幸い。
■いつものとおりスーパー等に行こうにも結構強く降っているので、本日は引きこもりを決め込む。
■調べ物をしたり本を読んだり。一日中机に向かっていると、勤め人時代、研修を受講したときの感覚を思い出す。
■明日は晴れの予報、何をしようかと今から思案。
071018レタス
■防虫ネットの効果を検討するとともに、自家(+縁故)消費に資するため、レタスを育てている。
■対象作物としてレタスを選んだのは、単純に害虫に弱そうだからというイメージ先行でしかない。
■ところが実際には、同じく自家消費向けのダイコンやハクサイ(特に前者)の方がはるかに被害が多い。
■そういえば、例のホットエリアにおいても、ダイコンには寒冷紗が掛けてあった。
■今年は高温寡雨のためかもしれないが、虫害が多いような気がする。いずれにせよ、虫さんがダイコンを選ばれる理由は不明。

CA340455.jpg

071017ホウレンソウ
■ホットエリアの畑、今秋より当該地を借りているが、夏は何も作付されていなかったので、雑草の種がこぼれているものと思われる。
■案の定、ホウレンソウの播種と同時に除草剤を散布したにも関わらず、芽を出してきた。
■中耕時になるべく除くようにしているも、残りはどうしても手で取るしかない。
■1季空いただけでもこのあり様、耕作放棄地を元に戻すことの難しさを腰周辺の筋肉痛にて実感。

CA340454.jpg

071016九条ネギ
■知り合いの篤農家によれば、九条ネギがアツイらしい。
■今秋の最高記録で1束1,000円、10束入りの箱を10箱出荷したとしても、その日だけで10万の売上げ!
■アツイ理由として、①高温少雨のため、そもそも苗が良くない。②その後の生育も良くない。③昨年は安かったので作付けが控えられた、とのこと。
■そんな状況にあっても、しっかりとした品物を出荷できるところは、さすがは篤農家所以。
■今はだいぶ市場も落ち着いてきたが、それでも今シーズンはやりがいがあるとのこと。
■頑張っていいものが出荷できるよう、早速アドバイスに基づいて水やりから実行。

CA340453.jpg

071015ひたすら防除
■本日は防除の日。10L入った薬剤散布機を背負い、一日中、畝間を歩く。
■30kgの米袋や20kgの肥料散布機に比べれば軽いが、左手でハンドルを動かし右手で散布ノズルを振っていると、あちこちが筋肉痛。
■一時より落ち着いたものの、それでもまだネギの相場が良いらしい。
■皮算用が一番の良薬。

CA340450.jpg

071014BQ
■お天気にも恵まれ、本日は庭先にてバーベキュー大会。
■毎度ながら、東京方面から多大なる食材の提供をいただき、ありがとうございます。
■青空の下、冷えたビールを片手にお肉とお魚をつっつけば、豊作間違いなし。

CA340448.jpg

071012キャベツとナス
■ホウレンソウの後作にキャベツを植える予定としていたが、苗が大幅に余ることが判明。捨てるのはもったいないので、急遽、水田の裏作として植えることに。
■またこれとは別に、水田の転作としてナス栽培の再開が決定。定植は来春の予定。
■これを受け、いずれの圃場も鶏糞と石灰窒素を速やかに施すと同時にトラクターで耕起。
■秋が深まりつつあるこの頃だが、稲刈り後、早くも来年を見据えた作業がスタート。

CA340447.jpg

071012九条ネギ
■ネギは樹勢が強く、葉茎を切断してもすぐにまた生えてくる。
■その分、食欲も旺盛、何回かに分けて条間に追肥を行う。
■20kgの肥料を背負っての作業、つるべ落としの夕暮れに助けられる。

CA340445.jpg



071011キャベツ移植
■ホウレンソウの次作には春キャベツを予定しているが、前者を収穫後すぐに後者を定植できるよう、隣の畝に苗を移植する。
■最近はプラグ苗やセル苗を育苗後、本圃に直接定植(産地では機械定植)するもの。
■しかしながらネギと同様、まずは基本をマスターするため、露地に播種・育苗→露地に移植→本圃に定植というトラディショナルな手法を実践。
■苗を手で掘り上げ、手で一本一本移植していく作業、稲の後だけに機械のありがたみが腰に染みる。

CA340431.jpg


071010籾摺り終わる
■延び延びになっていた籾摺り、秋空の下、満を持して決行。
■作業を終えて機械を開けてからベルトが切れているのを発見、ひやひやながらも無事終了。
■本日をもって、今シーズンの稲作関連作業は打ち上げ。あとは米を売るだけだが、これは我関せずの世界。■明日より野菜関連に復帰。ストレスも解消なり。
071009おつかれコンバイン
■またまた朝方に雨、籾摺りは延期。昨日述べた理由に加え、せっかく乾燥させたものを、あえて湿度の高い日に作業を行う必要はないとの判断。
■今しかできないことをということで、コンバインの大掃除→収庫を実施。
■今シーズンも恙なく収穫できたのも、一重にコンバインのお陰。
■感謝の念を込めつつきれいに掃除。来年もよろしく。

CA340430.jpg

071008晴耕雨読
■今日は明け方より雨、したがって乾燥処理後の籾摺り作業は明日に延期。
■作業は屋内で可能も、籾殻を田んぼに戻す際に地面がゆるいと車がスリップしてしまう。
■というわけで、久し振りに丸一日をデスクワークに費やす。
■やっときれいになった(モノを右から左に動かしただけ?)机上を見て、納得。これから本を読むことに。

CA340429.jpg
071007稲刈り終わる
■本日をもって、今シーズンの稲刈りは終了。お疲れさんでした。
■最後の水田は、峠をひとつ越えた、少し離れたところ。圃場整備が入っているので、作業はいたって快適。
■面倒なのは、コンバインとグレインタンクは一度に運べないため、都合3往復しなければならないこと。行楽シーズンでもあり、渋滞にはまると、稲刈りよりも移動に時間がかかるという、本末転倒の事態に。
■幸い連休の谷間であったためか、スムーズに事が運ぶ。
■明日は雨の予報、机の上を片づけないと。
CA340427.jpg

071006ラス前
■9月15日より始まった今シーズンの稲刈りもついに最終コーナーへ。
■本日も朝露乾かぬ間から作業開始、無事昼過ぎに完了。明日をもって上がる予定。
■播種から籾摺り・袋詰めまでの機械化一貫体系(すべて自前)を体験し、改めて野菜でもできないかと思った。
■粗放的な土地利用型と集約的な蔬菜園芸ではベースが異なるが、それでももう少し機械化できれば、特にネギについては作付け規模の拡大ができるのではないかと。
■ただしそのためには新たな投資が必要であり、結論としては、もっと稼げということ。
071005ホウレンソウ
■夜半に雨も日中は好天に恵まれ、稲刈りは順調。弁当持参でコンバインを止めずに作業を進めた結果、夕方前には終了。
■時間に余裕ができたので、ホウレンソウの中耕を行う。
■条間を鍬で耕すことにより、通気性を良くするとともに除草ができる。あわせて追肥も行いたいところだが、タイムオーバー。秋の日はつるべ落とし。
■来週は天気がぐずつくとの予報なので、できれば明日、明後日までにはやり終えたい。
CA340423.jpg

071004稲刈り
■稲刈り後半の部がスタート。朝から天気に恵まれ、順調に作業が進む。
■混住化が進む市街化区域内の農地にあって、コンバインの操作には細心の注意を払う。
■例えるならば、教習所の車庫入れで、3本目のポールが後ろの窓に見えた時にハンドルを45°切る・・・という、あの感覚。
■就農する前は車に乗る機会もなく、免許はゴールドペーパー。教習所に再度通おうかと思っていたが、その必要はなし。

CA340419.jpg

071003米売れる
■これまでに籾摺りを終えた米を売る。お米屋さんに直接持ち込む。
■トラック1回では済まない量、30kgの袋をせっせと運ぶ。改めてお米屋さんを尊敬。
■米に関する「算数」はノータッチなので売上自体に関心はないが、作った物が売れるということは、純粋に嬉しい。
CA340418.jpg

071002雑草との戦い
■例のホットエリアにて今秋より借りている畑、ホウレンソウが生育中であるが、夏は手つかずであったらしい。■したがって雑草の種がこぼれており、要注意との申し送りがあった。
■当然、播種時にあわせて除草剤を散布も、雨が降る度に芽を出す。
■追肥のタイミングで管理機を入れて畝肌をかじる予定にしているが、少し気になるので、鍬で土を動かす。
■新参者が草茫々では沽券に関わる。完全に趣味の世界。
CA340417.jpg